Posted in 小児科医のツブヤキ

下京区在住の小児科勤務医が地域のスタイルを語ると

この町の小児科医師として

京都府京都市下京区在住の、小児科勤務の男性医師として、
この地域に住む小児の健康を守っていこうと考えていまして、
今回は地域のスタイルということで考えてみようと思いました。

京都市下京区、これは、しもぎょうく、という読み方でして、
関東の人はしもきょう、と予備間違えることが多いわけですが、
京都人としてはやはりしっかりと、しもぎょうく、と読んでほしいと思います。

京都市の都心に位置するこの地域は、
一時期はドーナツ化現象で人口が減ってしまっていたわけですが、
20世紀末になってから都心回帰で少しずつ人口が増えてきつつあり、
やはり居住地再整備が功を奏しているのだということです。

下京区の人口が都心回帰で増えるにつれて、
子供のいる家庭も増えてくるというのは当然の結末でありまして、
それゆえ、勤務している小児科では、毎日のように小児の患者さんがひっきりなしに来院してきます。

地域の健康維持に貢献できるということで、嬉しい悲鳴をあげています。
京都駅がある地域なので、繁華街もありますし、
人通りは観光客を中心に激しいわけですが、
それでも狭い場所なりに民家がありますし、居住地再整備も頻繁に行なわれていますので、
地味に人口が増え続けているのは、嬉しいことだと思います。

なにせ、京都駅がかなり近いということから、
利便性は京都の中でもナンバーワンになると思いますから、
それだけ移住してくる人も多くなるということになるのです。

地域スタイル

地域のスタイルを語ってみますと、それは一言でいうなら、
伝統を今でもかたくなに守って、ゆったりとした京都のたたずまいの中で、
伝統を紡ぐというスタイルであるということがいえると思います。

伝統を紡ぎながらも、新しく移住してこようとする人に対しては、
受け入れを厭わない懐の広さも持ち合わせているわけなのです。

そして、最近できた水族館は最新鋭設備を誇っていまして、
かなり遠くから子連れのお客さんがいらっしゃるほどで、大人気なのだそうです。

伝統を守っていくという心意気のなかにも、
新しく市街を発展させていこうという先進性も持ち合わせている、
躍動感あふれる地域スタイルが、下京区にはあるということになるのです。

水族館がオープンしたことにより、子供さんが興奮しすぎて熱が出たり、
貧血で倒れたりということもあったりして、ちょうど位置的にピッタリのところにある我が小児科は、
便利な小児科として利用されているわけでして、忙しいやら嬉しいやらでなんだか大変な感じになっています。

水族館にはまだこれから先も多くのお客さんが足を運ぶでしょうから、
子供さんを連れて来館される場合には、あらかじめ、
小児科を確認しておくと対処しやすくなるのではないかと思います。

一応、水族館にも我が小児科のパンフレットを置かせてもらっているので、
万一の時には、ご利用くだされば良いと思います。

京都駅近くの商業施設も続続とリニューアルしていて、観光客、
行楽客ともに大盛況となりそうなので、我が小児科も、
人員増を検討すべきかもしれないと思いました。

活気ある地域で働けてうれしいです。