Posted in 小児科医のツブヤキ

小児科勤務医師の日常、あれこれ

患者本人に聞く

小児科に勤務していると、当然のことながら子供の診察になりますが、
話の相手は大人、つまり親御さんということになります。

そうなると、子供に話を聞こうと思っても、先にお父さん、
お母さんがワイワイと話をしがちです。

親としては、確かに年端もゆかない子供に話を聞こうとする医師にいらだち、
自分たちが話してしまった方が早いと考えるのでしょうが、
医師としては、まずは患者さんから話を聞くのが鉄則です。

たとえそれが年端もゆかない子供であったとしても、
ある程度自分で自分の気持ちを、あるいは意思を伝えられる年齢であれば、
まずは聞くことから始まります。

子どもとの接し方

親は、子供のことをなんでもわかっていると思いがちですが、
意外と子供というのは、親に心配を掛けまいとして黙っていたり、
時には嘘をついたりするものです。

その点、医師になら、本能的に本当のことを言わなければいけないと感じたり、
あるいは本当のことを言ってもいいのだと感じることがあります。

意外な子供の言い分を聞いて、そんなこと言ってなかったじゃないのと、
びっくりする親御さんもおられますが、子供というのはそういうものなのです。

医師でしかわかりえないこと、あるいは医師だからこそわかることがあるので、
あえて小さな子供にも優しく、平易な言葉で尋ねることが重要だということになるのです。

小児科勤務をしていると、こうした親と子の感覚のずれが非常に目につきやすく、
子供の不思議を感じる瞬間でもあります。

親が怖い、親に心配を掛けたくない、あるいは親に叱られると思っているのかもしれず、
その理由はわかりませんが、親からの話を聞くだけでは、
本当に子供が感じている不調を見抜く判断材料にならない場合もあるということを、
肝に銘じておかなくてはなりません。

こうした小児科医の姿勢を見て、子供への接しかたを考え直してくれる親御さんもいらっしゃれば、
そうしたことに全く気付かず、これまで通り、自分が見たことを自分が考えた解釈で、
子供はこうなっていると、頑固に信じ続ける親御さんもいます。

こうした凝り固まった考えは危険なのですが、よほどひどい場合以外は、
親に言って聞かせるのはむずかしいでしょう。

子供にわかりやすく説明して諭すことで、
親が気づいてくれるのを期待するほかありません。

小児科医の日常は、診察そのものも大事ですが、
まさにこのやりとり、いわゆる患者さんとのコミュニケーションが重要です。

しかも、内科や外科なら、患者さんのみとやり取りすればいいだけですが、
小児科医は患者である子供と、患者でない親とを同時に相手にしなければならないので、
対応の切り替えが大変です。

それでも、子供が元気になれば、親もうれしくなり、
お礼を言われると、よかったと思うでしょう。

子供が元気になることで親も元気になる、その手伝いができることが、
小児科医としてのやりがいのある毎日を作ってくれているのではないだろうかという気がしています。

Posted in 小児科医のツブヤキ

京都市下京区の小児科地域医療について

子どもと大人の違い

小児科医として勤務していると、当然のことながら、
大人と子供の特性というものを考えてしまいます。

同じ病気になるにしても、大人の場合、
なんとなく疲れてきたな、という感じに始まり、
疲労感が抜けないという状態が続き、ついにはダウンしてしまった、
という状況が多いと思います。

反対に、子供はさっきまで元気に遊びまわっていたと思っていたのに、
急にぐったりしてしまったのでおかしいなと思い、
様子を見てみると高い熱がでていた、などということがよくあるのです。

このような子供特有の急激な体調の変化に、
親としてはびっくりすることもあるだろうと思われます。

そのため、小児医療においては、夜間の救急対応も仕事に含まれ、
言ってみれば、大人に比べ、待つことができない医療ということがいえるでしょう。

そんな小児科の特徴を考えると、京都市下京区のように交通の便が発達し、
商業施設が数多く立ち並び、いつも人の行き来が絶えない地域にある小児科は、
緊急の場合に駆けつけやすい立地だと言えるかもしれません。

夜になれば早々に公共交通機関が終わってしまい、
タクシーを拾うのにも難儀するような住宅街に住んでいると、
マイカーがなければタクシーを電話で呼び、待つしかありません。

素早く来てくれればいいですが、救急車ではありませんから、
時には時間がかかることもあるでしょう。

けれど、風邪で高熱を出したようだというような状態であれば、
まさか救急車を呼ぶというところまでは、どうしてもためらってしまうと思います。

かといって、わが子が苦しんでいるのを見ると、
親としては一刻も早くと思ってしまうことでしょう。

下京区のいいところ

下京区のような利便性のよい地域であれば、
こうした突発的な子供の不調に、比較的速やかに対応できると思います。

そうした場所で小児科医療を進歩させることが、
小児科医療全体を底上げすることになるのではないでしょうか。

地域の特性上、どうしても速やかに医療が受けられない地域では、
どのように対処すべきなのか、利便性のよい地域の臨床結果が、
別の答えを導き出すかもしれないのです。

その意味において、下京区に在住し、
いつでも診察に取り掛かれる状況にある小児科医の果たすべき責任や役割もまた、
大きなものなると思います。

子供が少なくなってきたことで小児科が減り、
安心して小児科にかかれないということをよく耳にしますが、
そうした懸念に対する不安を払しょくできたなら、
もっと子供が欲しいと思う人も増えるのではないでしょうか。

そのための地域医療として小児科の充実をはかることも、
すくなくなってきた小児科医の勤めであり、充実させることで、
ここにも変化が起こせると思います。

進歩し、充実してくれば小児科に興味を持って、
小児科医になろうと思う医師が増えるかもしれず、
安心してかかれる小児科がある地域として、
医師にも地域にも好影響を与えることができるかもしれません。

これは、今後、長い時間がかかったとしても、達成すべき課題です。

Posted in 小児科医のツブヤキ

下京区在住・小児科勤務医のつぶやき

下京区の現状

地元の京都府立医大を15年前に卒業して 、
地方大学の総合病院勤務を8年してから地元にに帰ってきた小児科医として、
病院勤務しています。

京都は盆地であることから 夏は異常に暑く、逆に冬の冷え込みは尋常では有りません。
そのことは地方勤務して京都に帰ってきてから痛切に感じました。

子供のころから 京都の気候には慣れているはずなのに 南の方の大学だったせいか
京都に戻ってから 何度も風邪をひいてしまうことがありました。

また ひのきが どっさり植わっているので 花粉を吸わずには暮らせない地区でもあります。
そういう意味で小児科勤務していると小さいのに 花粉症をは省している子供が沢山います。

花粉症

花粉症はアレルギ-体質があるとてきめんに発症するのですが、
それにしても他県に比べると 発症年齢が若すぎると思います。

学会での報告では 親の代から京都に住んでいると
親の体質が確実に子供に引き継がれることもあり、
どうしても体内に蓄積されるのが 早くなるようです。

この報告は学会で多くの支持を得たわけではありませんが、
京都の小児科医の医師たちは 体感として そうだなあと思っています。

まあ逆にその分、親子で花粉に対する対策も行き届いているような気がします。

小学校に集団検診の応援で出かけると それを強く感じます。
マスクの着用率が他県と比べて 全然違います。
学会等で大阪に出ることは良くあります。

その時にJR東海道本線で 山科、京都、山崎、高槻、吹田、
大阪と 西に進みますが各停の普通列車に乗るとそれが良くわかります。

やはり京都駅とその周辺の駅の子供たちはきっちりマスクをしている子どもたちが多いですし、
吹田当たりに来ると マスクをしている子どもたちは皆無です。

戦後の材木市場施策として 十分な先読みをせずに
植樹したつけが確実に 具現化しています。

何らかの策をするべきことを痛感します。

また冒頭で言いましたが気温の変化の幅が 大きいので
特に夏場、熱中症にかかる子供たちが 2010年ころから増えてきたでしょう。

まあ これは全国的にも同じことが言えるのかもしれませんが・・
それと小児科は あまり人気がありません。

あの鳴り物入りで始めた研修医制度、行きたい地区、
行きたい科を学生たちに任せて2年間学ぶという新しいシステムが始められて少し時間が立ちました。

小児科はその流れの中で人気がありません。
外科医、小児科医は 他に比べて緊急度がたかく、
その分医療への責任も高くなります。

それは卒業したばかりの学生にとっては厳しいというのは良く理解できるのですが・・
その結果として 地方医療の崩壊と 言われるような事が起きています。

田舎の方には若い医師たちは行かない、医師が集まらないという現象が起きているのです。
そういう意味で京都は 京都大学医学部、京都府立医大と冠たる 大学があり
むしろ地方から学生たちが集まってくる立ち位置に有ります。

私の勤務する総合病院でも 地方出身の若い医師がたくさん集まっています。
これは これで素晴らしいことではあるのですが
日本全体の医療を考えたときに本当にこれでいいのかなあと感じるこの頃です。

Posted in 小児科医のツブヤキ

京都の下京区に住んでいる小児科の医師のひとりごと

赤ちゃん

自分は京都の下京区に住んでいる小児科の医師です。
毎日、可愛らしい赤ちゃんの病気を診ています。
赤ちゃんはしゃべれない分、大変診察が難しいと感じています。

お腹が痛い、喉が痛い、背中が痛い、気持ちが悪いなど、
赤ちゃんは言葉で伝えることができないのです。

ですから、赤ちゃんの診察は大変難しく、慎重に行わなければなりません。
そして、お母さんの話もきちんと聞くことが重要になります。

ぐったりしている、鼻水が止まらない、咳き込んでいて苦しそうなど、
赤ちゃんが話せない分、お母さんに話してもらわなければならないからです。

そして、お母さんの話を聞くことによって、お母さんの不安を取り除くことも重要です。
お母さんが不安になっておろおろとしてしまうと、赤ちゃんにとって良いことは何一つありません。
できることなら、お母さんには、赤ちゃんの病気が治るまで、暖かく見守っていてほしいのです。

ですから、自分は、赤ちゃんの診察をしながら、お母さんの診察をするという意気込みで病院に勤務しています。
また、赤ちゃんの病気の治療は、大人とは異なり、大変繊細です。
赤ちゃんは身体が小さい分、様々な身体のパーツも小さくなっています。

呼吸器官は細いので、大人ならちょっと喉が痛い程度の風邪であっても、呼吸困難を起こすことがあります。
また、注射1つとっても大変です。
赤ちゃんの血管は大変細いので、大人に注射するのとは異なり、手先の器用さが求められます。
大人にする注射と同様に考えていると、赤ちゃんの血管に針は入りません。

ですから、赤ちゃんの病気の治療は大変神経を使います。
さらに、赤ちゃんには赤ちゃん特有の病気があります。
大人では罹らない病気に、赤ちゃんはかかるのです。

特有の病気

よくお母さんに聞き返されますが、赤ちゃん特有の病気というのは様々あり、
大人が聞いたことも無い病気の名前もあるのです。

ですから小児科医は、病気に詳しいだけではダメで、
赤ちゃんの病気に詳しいというレベルが必要になります。
もう、日々、勉強です。

そして、経験を積むしかないのだろうと思っています。
自分は赤ちゃんが可愛くて、大好きです。
だから、赤ちゃんが回復して元気になると、嬉しくなります。
そして、お母さんが笑顔になると、心の底からほっとします。

こんな経験は、小児科医にしかできないのではないでしょうか。
自分は、小児科医になって良かったと思います。
大人を診る医師も良いのですが、赤ちゃん特有の臭いをかぐと安心します。
そして、赤ちゃんが笑うと、意味もなく自分も笑ってしまいます。

自分は、今日も、明日もあさっても、病気の赤ちゃんを診て、そして、笑顔に救われるでしょう。
赤ちゃんは小さい身体で病気と闘い、そして自分は、その闘いに勝てるようにサポートします。

そして、勝たせます。
それが自分の仕事です。
これから医師を目指そうと考えている方は、
ぜひ、赤ちゃんに囲まれる生活を想像してみてください。

そして、そこで毎日笑顔で仕事ができそうだと考えたら、
ぜひ、小児科医を目指してみてください。

Posted in 小児科医のツブヤキ

下京区在住の小児科勤務医が地域のスタイルを語ると

この町の小児科医師として

京都府京都市下京区在住の、小児科勤務の男性医師として、
この地域に住む小児の健康を守っていこうと考えていまして、
今回は地域のスタイルということで考えてみようと思いました。

京都市下京区、これは、しもぎょうく、という読み方でして、
関東の人はしもきょう、と予備間違えることが多いわけですが、
京都人としてはやはりしっかりと、しもぎょうく、と読んでほしいと思います。

京都市の都心に位置するこの地域は、
一時期はドーナツ化現象で人口が減ってしまっていたわけですが、
20世紀末になってから都心回帰で少しずつ人口が増えてきつつあり、
やはり居住地再整備が功を奏しているのだということです。

下京区の人口が都心回帰で増えるにつれて、
子供のいる家庭も増えてくるというのは当然の結末でありまして、
それゆえ、勤務している小児科では、毎日のように小児の患者さんがひっきりなしに来院してきます。

地域の健康維持に貢献できるということで、嬉しい悲鳴をあげています。
京都駅がある地域なので、繁華街もありますし、
人通りは観光客を中心に激しいわけですが、
それでも狭い場所なりに民家がありますし、居住地再整備も頻繁に行なわれていますので、
地味に人口が増え続けているのは、嬉しいことだと思います。

なにせ、京都駅がかなり近いということから、
利便性は京都の中でもナンバーワンになると思いますから、
それだけ移住してくる人も多くなるということになるのです。

地域スタイル

地域のスタイルを語ってみますと、それは一言でいうなら、
伝統を今でもかたくなに守って、ゆったりとした京都のたたずまいの中で、
伝統を紡ぐというスタイルであるということがいえると思います。

伝統を紡ぎながらも、新しく移住してこようとする人に対しては、
受け入れを厭わない懐の広さも持ち合わせているわけなのです。

そして、最近できた水族館は最新鋭設備を誇っていまして、
かなり遠くから子連れのお客さんがいらっしゃるほどで、大人気なのだそうです。

伝統を守っていくという心意気のなかにも、
新しく市街を発展させていこうという先進性も持ち合わせている、
躍動感あふれる地域スタイルが、下京区にはあるということになるのです。

水族館がオープンしたことにより、子供さんが興奮しすぎて熱が出たり、
貧血で倒れたりということもあったりして、ちょうど位置的にピッタリのところにある我が小児科は、
便利な小児科として利用されているわけでして、忙しいやら嬉しいやらでなんだか大変な感じになっています。

水族館にはまだこれから先も多くのお客さんが足を運ぶでしょうから、
子供さんを連れて来館される場合には、あらかじめ、
小児科を確認しておくと対処しやすくなるのではないかと思います。

一応、水族館にも我が小児科のパンフレットを置かせてもらっているので、
万一の時には、ご利用くだされば良いと思います。

京都駅近くの商業施設も続続とリニューアルしていて、観光客、
行楽客ともに大盛況となりそうなので、我が小児科も、
人員増を検討すべきかもしれないと思いました。

活気ある地域で働けてうれしいです。

Posted in 小児科医のツブヤキ

京都市下京区在住小児科勤務医のブログ

待ち時間

京都市は下京区に在住している小児科勤務医のブログに興味を持っていただけるのは、
おそらく小さなお子さんをお持ちのお父さん、お母さんだと思います。

あるいは、最近では子供をおじいさん、
おばあさんに預けて両親ともに働いているというお宅が増えましたから、
おじいさん、おばあさんが見てくださるかもしれません。

京都市下京区は商業施設が多く、また、文化財も多いことから、
どうしても京都においては観光名所といった雰囲気の地域になります。

そのような特性があることから、観光に訪れる人も多いですし、
仕事で近隣の他府県からやってくる人も多くなります。

そのため、医療機関もともすれば大きなところが多くなりがちで、
小さな子供にとっては待ち時間が長くなり、診察を受けるのも大変だと思われます。
子供にとって待ち時間はなんとも退屈なものですし、具合の悪い時ならなおさらです。

個人で開業

そんなとき、京都市下京区に住んでいる方々のために役立つ小児科医になりたいと思うなら、
個人で開業し、小児科医をやるのも一つの方法だと思います。
近年、小児科医になりたがらない医師が増えました。

その理由は、産婦人科に共通するものがあり、
夜中に具合が悪くなった患者に起こされるからとか、
急に呼び出されるからというものです。

確かに、病院勤務の場合は、緊急で呼び出されることもあるでしょう。
当直もあるでしょうし、仮眠を取っていても、急患が入ればたたき起こされることになります。

個人で医院を経営しても、そこに自宅があれば、
患者さんはわらをもすがる思いで家の方まで押し掛けてくるかもしれません。

下京区のように商業施設が多く、
大きな病院ではなかなか診てもらうのに時間がかかるとなれば、
個人開業医に駆け込んでくる患者さんが少なくないと思います。

特に親は子供のこととなると必死ですから、
その点を小児科医は理解する必要があります。

ただ、病院の小児科勤務となれば、夜中にたたき起こされても、
睡眠時間を奪われても、交代の医師が来てくれるまで頑張ればいいという点で、救いがあります。

子供を相手にする小児科医を選んだのは自分なのですから、
子供が夜中に突然具合が悪くなることや、
親が子供のために必死になって駆け込んでくるということは、
最初から分かっていることです。

その地域に小さな小児科があまりなく、
大きな病院の小児科にかからざるを得ない環境であるならば、
地域の特性として救急的な診察が増えることは、すぐにわかることです。

大事な子供の命を守るための小児科医ですから、
子供のために最善の医療を尽くさなければならないと思います。

そうやって小児科勤務を続けることで、地域の人たちから、
病院そのものへの信頼も高まると思います。

そうなれば、小児科医として病院に貢献しているということにもなり、
医師としての値打ちも認められようというものです。

子供を大事に思うことは、
地域を大事に思うことに共通していくのではないだろうかと考えています。