Posted in こどもの病気

アトピー性皮膚炎

アトピーとの向き合い方

小児科の診察において、アトピー性皮膚炎にいかに対応し、
向き合っていくかということは非常に大きな課題となっています。

そもそも、アトピーという存在に対しては確固たる治療法があるわけではなく、
各医院が勉強を積み重ね、その最先端のメソッドを利用し治療しているのが現実です。

アトピーに関して、研究しているのはもちろん個々の医院だけでなく、
様々な機関が日夜研究に励んでいます。

時と場合によっては、その治療法がすでに「古く」なってしまう場合もあり得るのです。
患者様の為を思うといいことなのですが、
そのハウトゥーについて行けなくなる可能性も含んでいるのです。

そもそもアトピーとは?

一般的なアトピー治療法を語る前に、そもそもアトピーは何か、という点からお話いたします。
そもそもアトピーを説明すること自体困難を極めますが、
ここでは様々な要因から引き起こされるアトピーの症例、発症を説明するため、
その因子を「食べ物」に統一します。

体内(もしくは体外)において、
アレルギー感作を起こすと皮膚にあるバリア機構が崩壊してしまい、
いわゆるアトピー性皮膚炎が発症します。従来の治療方法におけるベースとなるのは
「どの食べ物からアレルギーを発症したか」という原因を解明することが必要不可欠な基本となります。

原因となる食品のうち、卵や牛乳、そば粉などは有名です。

アレルギー治療における大筋は、基本的に原因の回避であると言えます。
保湿剤やステロイドを利用することで、アトピー性皮膚炎のケアに繋がっていくので、
それらの手順を踏むことでアトピーの発症を抑え込む、という考えが一般的でした。

ここで、このように抑え込むだけでは治療にならないではないか、という考えが出てくると思います。
治療とは、根本的な原因にメスを入れることを表すと考えた場合それは当然です。

しかし、この点に関しては小児科では、アトピーの特徴を利用した治療という方法で対応しております。
それは、子どもの発症したアトピーというのは、時間の経過とともに解消する可能性が高いのです。

子どものアトピーが自然治癒という形で解消する理由は、
実は現在のこの発達した医療においてもまだ謎の多い部分で解明されていません。
身体の一部が体の成長と共にアレルギー原因物質をブロックする作用を持つようになるという説が
私の知り得る知識の中では最も説得力の高い考え方ではありますが、その全容は未だ不明です。

それに、アトピーを発症した経験のある方ならご理解いただけると思いますが、
アトピーの原因物質が簡単に消えてしまうということに納得がいかないとお考えでしょう。

それほど、アレルギー反応により引き起こされた皮膚炎というものは苦しいものであるのです。

しかしながら、今日のアトピーに関する考え方としてこの考えを上回るものは現れていない、
現実としてそれがベターな治療法であるということから、治療の方針はこの科学的根拠が
完ぺきとは言えない考え方を利用するようになっています。