Posted in こどもの病気

アトピー性皮膚炎

アトピーとの向き合い方

小児科の診察において、アトピー性皮膚炎にいかに対応し、
向き合っていくかということは非常に大きな課題となっています。

そもそも、アトピーという存在に対しては確固たる治療法があるわけではなく、
各医院が勉強を積み重ね、その最先端のメソッドを利用し治療しているのが現実です。

アトピーに関して、研究しているのはもちろん個々の医院だけでなく、
様々な機関が日夜研究に励んでいます。

時と場合によっては、その治療法がすでに「古く」なってしまう場合もあり得るのです。
患者様の為を思うといいことなのですが、
そのハウトゥーについて行けなくなる可能性も含んでいるのです。

そもそもアトピーとは?

一般的なアトピー治療法を語る前に、そもそもアトピーは何か、という点からお話いたします。
そもそもアトピーを説明すること自体困難を極めますが、
ここでは様々な要因から引き起こされるアトピーの症例、発症を説明するため、
その因子を「食べ物」に統一します。

体内(もしくは体外)において、
アレルギー感作を起こすと皮膚にあるバリア機構が崩壊してしまい、
いわゆるアトピー性皮膚炎が発症します。従来の治療方法におけるベースとなるのは
「どの食べ物からアレルギーを発症したか」という原因を解明することが必要不可欠な基本となります。

原因となる食品のうち、卵や牛乳、そば粉などは有名です。

アレルギー治療における大筋は、基本的に原因の回避であると言えます。
保湿剤やステロイドを利用することで、アトピー性皮膚炎のケアに繋がっていくので、
それらの手順を踏むことでアトピーの発症を抑え込む、という考えが一般的でした。

ここで、このように抑え込むだけでは治療にならないではないか、という考えが出てくると思います。
治療とは、根本的な原因にメスを入れることを表すと考えた場合それは当然です。

しかし、この点に関しては小児科では、アトピーの特徴を利用した治療という方法で対応しております。
それは、子どもの発症したアトピーというのは、時間の経過とともに解消する可能性が高いのです。

子どものアトピーが自然治癒という形で解消する理由は、
実は現在のこの発達した医療においてもまだ謎の多い部分で解明されていません。
身体の一部が体の成長と共にアレルギー原因物質をブロックする作用を持つようになるという説が
私の知り得る知識の中では最も説得力の高い考え方ではありますが、その全容は未だ不明です。

それに、アトピーを発症した経験のある方ならご理解いただけると思いますが、
アトピーの原因物質が簡単に消えてしまうということに納得がいかないとお考えでしょう。

それほど、アレルギー反応により引き起こされた皮膚炎というものは苦しいものであるのです。

しかしながら、今日のアトピーに関する考え方としてこの考えを上回るものは現れていない、
現実としてそれがベターな治療法であるということから、治療の方針はこの科学的根拠が
完ぺきとは言えない考え方を利用するようになっています。

Posted in こどもの病気

予防接種のリスク

予防接種の危険性

接種とは体内に感染力の高いウィルスの弱性のものを入れ、
それに対する身体の回復機能を利用して免疫力、耐性を体に身に着けさせるための処置であるが、
そこにはリスクももちろん存在します。2011年に実際に、身を守るために投与した
ワクチンが原因とされる死因の兵庫県の子どもたちの存在が報道されました。

これにより、一時的に小児に対するワクチン投与の規制がされたが、
私はこの問題に関して賛成の意見も反対の意見も両方有しているのです。

賛成の理由として、そのワクチンに何らかの問題があるということを小児に関係する
全ての人々が認識することで、被害の拡大を止めることが出来たというのは実害を防ぐうえで
非常に有益であったと言えるでしょう。また、批判を中心とした報道にならなかったことで、
マスコミがあくまで抑止力にとなってくれたという点で、医療界の小児に対する世間の考え方が豹変せず、
変わらず私たちを頼ってくれる環境が守られたというのは大きいです。

予防接種で守られる命がある

季節的にどうしても春先の様々な症状に対応するには、やはり専門である小児科を
一時でも早く頼って対応してほしいと考えております。それにより、守られる命があるからです。

反対の理由として、確かにマスコミの報道による規制でそのワクチンを死因とする被害はなくなりました。
しかし、長期的に見るとそのワクチン投与は正しいことだったのかもしれないのです。

というのも、数件報告された被害というのは特定の数県に留まっている事から、
完全な規制にせず集中的な調査でも十二分に対応できたのではないかという考えもあったからです。
リスクセーブのための最適な選択は、何も許可か規制かという二極化させる必要があったのか、
という点に疑問を抱かざるを得ません。

その極端な二極化は、
その根本的な原因が見えないというところから曖昧な態度をとれないというところから出ていました。
ワクチンと死因の因果関係が、データから見ても果てしなく科学的根拠がないと
言えるからです。もしワクチン自体がアウトならば、もっと短期間で被害者は増えたはずです。

しかし、実際の被害は特定の地域に限定された…つまり特定の、というより限定的なケースの内だけに
問題があったと考えるのが自然です。ならば、特定地域の原因解明のためにそこだけを規制し、
他は許可するなどの柔軟な対応も出来るはずだったのではないでしょうか。

確かに、私たち小児科医というのは子どもの命に関して敏感です。特に、目の前で失われようとしている
命を放っておけるはずがありません。しかし、果たして目の前の状況だけにとらわれてよいのでしょうか。
リスクを怖がって長期的な対応が出来ないのは本末転倒だと思われます。

私は、治療も予防接種もどちらも共通点を有していると考えております。
それは、どちらにしろ健康になるためのリスクからは逃れることが出来ないという点です。
ベストな医療は無いのかもしれません。ベターを求めることも重要なのではないでしょうか。

Posted in こどもの病気

インフルエンザについて

タミフル

小児科に子どもを連れてくる親としてもう一つ気になる副作用といえば、
インフルエンザのタミフルでしょう。

タミフルといえば、
アメリカで開発されスイスで製造及び販売されている
インフルエンザの感染と増殖を防ぐ効能があります。

日本におけるタミフルの歴史は浅く、
2000年の厚生労働省の承認から国内への
普及がはじまりました。

日本における普及率はかなりのもので、実際保険制度の存在も
その普及の手助けをしており、吸入タイプのリレンザの方が効能が高いと言われますが、
費用を考えたときのコストの面からタミフルの方が人気が高いです。

ここで注目すべきは世間一般に知られているタミフルの副作用についてです。
小児医療界としても見逃せないポイントですが、実際の被害としては12~17歳の未成年が転落により
5名命を落としています。この数字は決して見過ごしてはならないものですが、
実際ははたしてどうでしょう。

全体の割合から見たとき3500万人のインフルエンザ患者が
タミフルを利用したうちの5人の被害者であると言えるのです。

さて、これだけで果たしてタミフルの副作用であると、
根拠を挙げて述べることができるでしょうか。

タミフルの歴史

ここで、2007年12月の厚生労働省の捕捉させている「薬事・食品衛生審議会安全対策調査会」の
調査によると、1万人の17歳以下のインフルエンザ患者、それもタミフル服用者に
異常行動の発生率を調査したところ、実質異常行動がタミフルが原因であるという科学的、
かつ統計的なデータは得られていません。このことをマスコミは報道しませんでした。

むしろ、タミフルによって引き起こされた「とされる」異常行動にクローズアップし、
タミフルの小児投与の自粛を引き起こしてしまっているのです。

実際のタミフルの異常行動として統計的に挙がっているデータを見てみましょう。
最も多いのは腹痛、下痢、および吐き気などです。

その上、1歳以上の子どもに対してのタミフルの
副作用の報告はごく軽微であったと報告されているのです。

タミフルという薬はインフルエンザ患者にとっての特効薬というポジションから、
リスクの非常に高い毒を持って毒を制すタイプの毒薬扱いをされることになってしまったのです。

とはいえ、タミフルの有効性は本物であることは科学的な研究で証明されています。
では、どうしたらよいのでしょうか。それは、まず、処方時に医師にきちんと確認をとって
自分からリスク軽減のための行動をすること、そしてちゃんと投薬の間隔を空けることです。

インフルエンザの症状がいかに厳しく感じても、それだからといって勝手に自己判断してはいけません。
インフルエンザという病気もタミフルという特効薬も、どちらも専門家の知識、処方に頼るべきなのです。

私をはじめとして多くの小児科医は子どもを助けたいと考えています。
だから、もし病気の何らかで困ったときは、例えどんなに小さいと感じたことでも構いません。
最寄りの小児科までお越しください。

Posted in こどもの病気

子供の病気はわからない

大人でも小児科にかかる場合も

開業している医院の診療科目をよく見ると、大抵の場合、
内科/小児科というセットで書いてあることが多い。

小児科は内科に対して年齢区分による分類であり、
必然的に全ての臓器の疾患、感染症などを扱うので、
両方を担当していてもいいのだし、
また、小児科で扱う「小児」の範囲も余り明確でもない。

ちなみに、小児科は新生児から思春期(だいたい12歳位まで)
を対象としていることになっています。

しかし、20歳以後も小児科特有の慢性疾患を有している場合には、
その疾患に関して小児科で対応していることもあります。

小児科の需要

私もそうなんですが、最初から小児科志望ということではありません。
少子高齢化の急速な進行が進む中、
子供の治療の需要は少なくなってくるのではないか、
それに、色々と聞くと、時間外診療希望者が他の診療科に比べて多いそうなので、
当直勤務が多い、などのことから、小児科医を希望する新卒医学部生が減っているそうです。

そんなわけで、病院の時間外診療の当直を内科や科を決定する前の
研修医が担当してくれることが多い。

それはそれで問題は多いことは、色々と指摘されている。
川崎病や腸重積のような小児科特有の小児科専門医でないと診断や治療ができないことも多いし、
また、子供であるから本人が大人のように病状を説明してくれるわけでもないので、
小児科医が経験に基づいて独自に判断していくことなどが必要なことがあります。

そんなわけで、小児科医の問題は深刻なんですね。
以前テレビドラマで小児科を扱ったものがありましたが、
もう少し面白く感動的に作らないと、小児科医の希望者は増えないかも。

で、私が小児科になったきっかけですが、
研修医の時に、入院で義務教育に行けない子供のために、
病院の中で小学校の分校があるの知って、
面白そうだなと思ったという、極めていい加減な理由で、恥ずかしい限りです。

そんな中、私の住む京都市では子育て施設の拡充を考えるべく
「子育て交流施設」の建設を決定しています。

国から無償譲渡された旧海軍岸壁(1万2千平方メートル)とあわせて計1万8千平方メートルの
敷地に整備する予定だそうです。
子育て交流施設起工 舞鶴市、保育所を併設し150人規模の保育所が出来るということは
保育士の拡充も必要になるため雇用も促進されるので相乗効果が得られます。

少子化からの脱却を考え親も子も住みやすい街となる為に自治体も動いて
おり京都市の保育士の求人も少ないながらも増えている様子が見えます。
保育士の求人転職情報

ところで、私の住む京都にある、国立京都国際会館で、
今年の夏「第2回小児科専門医・専門医取得のためのインテンシブコース」というのが開催されます。

おもに若手の小児科専門医や、専門医取得をめざして研修中の医師を対象としたコースで、
小児科学、小児医療のスペシャリストによる重点的な講義を受けられるものです。

インテンシブコースの内容は『小児科医の到達目標』に沿っており、
3年間で全領域を網羅するように計画されていますから、なかなか効率的に学べるのではないでしょうか。

案内では、今回は、小児保健、成長・発達、血液・腫瘍、循環器、腎・泌尿器、感染症、
代謝異常・代謝性疾患、膠原病・リウマチ疾患、地域総合小児医療の各領域の講義があるそうですが、
同時進行で行われる2つの講義のうちどちらか一方を選択して受講するそうですから、
全部は聞けないのがちょっと残念ですが、夏の暑い時期、しかも、蒸し暑い京都の町で土日の
二日間講義を聞くのは、ちょっとつらいかもしれませんからこれぐらいが、丁度いいかもしれませんね。

一応、私もこの研修会には参加申し込みしておきました。

Posted in こどもの病気

あせもと虫刺されについて

あせもについて

今日も暑かったですね。
こう暑いとあせもや虫刺されで受信される方もだんだんと増え、
もう夏がそこまできていることを予感させます。

あせもについて、掻きむしったりしていないものについては、
当院ではロコイドを処方することが
多いのですが、やはり、薬を使わずに予防出来ればそれが一番だとおもいます。
もっとも効果的なのはシャワーです。

小さなお子さんは大人と比べ物にならないほどの汗をかくので、
汗をかいたときはそのままにせず、できればシャワーで流してあげると良いと思います。
皮膚は、表皮と真皮、皮下組織の3つの層に分かれます。

真皮には皮膚のさまざまな働きをする器官が集まっていて、汗を分泌する汗腺もその一つです。
私たち成人の体には190万~200万個の汗腺があるといわれています。
実は、この汗腺の数はからだの小さい乳幼児も同じなのです。

しかも、乳幼児の場合、成人よりも新陳代謝が盛んで、
体表面積1平方メートル当たりの発汗量は成人の2倍以上もあるといわれます。
シャワーで汗のくだがあるので、それが詰まるので、予防してください。

そうするとあせもにかかりにくいです。そして汗腺で細胞分裂したもの取り込み汗の管を通り、
汗孔から排出します。子供は汗腺が大人より弱く、つまりやすくなってしまうので、気をつける必要です。
また、最近ではフローラルウォーターを使用することもおすすめしています。

フローラルウォーターとは、植物から精油を抽出するときに抽出される水分で、芳香蒸留水です。
コットンやガーゼに吹き付けて、あせをかいているところを丁寧にふいてあげてください。

皮膚が赤くなっているときは『ローズウォーター』を、
少し症状が進んでじくじくしている部分があるときは『ラベンダーウォーター』。

お薬を使用するよりも、気軽に安心して使用することができるとおもいます。
これからの時期は小さな容器に持ち歩いておけば、気になるときにいつでも使えて便利ですね。
それでも治らないときは病院を受診してください。

虫刺されにも注意

お薬の力を借りて治療しましょう。
また、虫刺されはかきくずさないことが大切です。
刺された部分を冷たいタオルなどで冷やしてあげると
痒みがおさまることがあるので試してみてあげてください。

刺される前に虫除けで予防してあげることも大切です。
市販品で構わないので、こども用の負担の少ないものを使用して使ってください。
刺された部分をどうしてもかゆがるときは冷やしてみることと、
石鹸水をぬってみることを試してみてください。

それでも治らないときはかゆみ止めを塗ってあげましょう。
先に書いたロコイドは虫刺されにも使えますが、判断が難しい場合もありますので医師にご相談ください。
これからの季節、海や山にでかける機会が増えてきます。

あせもや虫刺されの機会がも同時に増えるので、まずは予防を第一に、
そしてつくってしまったときは正しい対処で対応してください。
わからないときは曖昧なまま対処せず、大げさと思っても病院を受診することが大切です。