Posted in 日々の徒然

下京区ってどんなところ?

下京区

京都市下京区といっても、県外の方はピンと来ないかと思います。
しかし、京都を訪れた方にとって、下京区は、とても馴染みの深いエリアでしょう。

それもそのはずです。
下京区は、簡単に説明してしまえば、京都駅周辺のエリアだからです。
下京区は、鴨川、西高瀬川、JR東海道本線、四条通に囲まれたエリアということができます。

区内には、川が多いのも特徴です。
東端には高瀬川が流れ、西端には西高瀬川が流れています。

京都へのアクセスの第一ポイントである新幹線が通る京都駅を中心に、
河原町通、烏丸通・堀川通、五条通など、
観光客の方も見聞きしたことがあるであろう京都市街の主要道路が通り、
まさに京都市の玄関口としての役割を担うエリアです。

主要道路を通じ、京都市街への観光や産業へのアクセスの拠点ということもできます。
JR京都駅ビルをはじめ、市内にある百貨店のほとんどが下京区に位置しており、
観光客をはじめ、京都府民の買い物客でにぎわっています。

伝統的な京の品、お土産から、最新のトレンドファッションまでショッピングが楽しめるのです。
京都駅前に白くそびえる京都タワーは、京都のシンボル的存在です。

京都に来た!という感じがします。
展望室は地上100メートルのところにあり、
京都市の碁盤の目に廃された町並みや、
緑豊かな京都市周辺の景観を360度にわたり、楽しむことができます。

一方で、昔からの京都の伝統工芸や産業も残っており、
京扇子や京友禅、京人形、京漆器、京仏具といった伝統産業が今も受け継がれ、
観光客の目や心を潤わせる主要な産業の一角を担っているのです。

西本願寺、東本願寺という、歴史的にも有名な寺院をはじめ、
数多くの寺院や歴史的な建物も有するエリアでもあります。

西本願寺

西本願寺は、かの親鸞聖人が創建されたのが始まりとする浄土真宗本願寺派の本山にあたります。

東本願寺は、浄土真宗大谷派の本山で、親鸞聖人が死んだあとに、
故人を慕う人々によって廟堂と言われるものが建てられたっていうのが始まりといわれ、
御影堂には親鸞聖人の御真影が、阿弥陀堂にはご本尊である阿弥陀如来が安置されているのです。

いずれも由緒あるお寺です。
近代的な商業施設や、伝統産業の活気がある区域がある一方で、
下京区の西側エリアには「市民の台所」としての役割を担う京都市中央卸売市場があります。

上質で気品ある京料理を提供する旅館やホテル、
京のおふくろの味であるおばんざいを提供する飲食店やレストラン、
もちろん、各家庭の食卓や、観光客のお土産用まで幅広いニーズに応え、
市場には、新鮮な海の幸、山の幸、珍しい京野菜が並びます。

また、伝統産業の根付く下京区には、京都リサーチパークといった先端産業の拠点もあり、
SOHOオフィスなど若い起業家の支援や、産学公の連携をサポートしているのです。

京都といえば、祇園祭を楽しみにされている方、一度は祭りを見てみたいと思われている方は多いでしょう。

下京区には、祇園祭の鉾町ほこまちが数多くあり、祇園祭りのある7月には、
山鉾が立ち、どこからともなく祇園囃子が聞こえ、京都らしさ、風流な雰囲気を醸し出しています。

Posted in 日々の徒然

京都の暮らし

京都に転勤

滋賀の病院から、
京都市内の病院に転勤になりかれこれ1年、
京都の暮らしにもすっかり慣れてきましたが、
やはり京都は1000年の歴史のある街らしく、
観光で訪れていた時とは違う顔をみせてくれています。

私は、市内の病院の小児科で常勤の医師として勤務をしていますが、
病院への通勤の良さから、住まいは下京区に決めました。

ここは昔ながら京都の住まいである「長屋」もありますが、
現代風なカフェ・店舗などもあり、もちろん私が住んでいるマンションなども建てられており、
今昔が上手く混在している街といえるでしょう。

私の勤める病院に通う子供たちもいるので、
街を歩いていると「先生」と言って声をかけてくれるお母さんや子供たちがいるというのは、
都会ではなかなかない事ではないでしょうか?
とはいえ、決して田舎でもないこの京都の下京区という街は、
なんとも言えない心地よさを感じる街です。

小児科

小児科というのは、患者が赤ちゃんから就学前の子供が大半です。
これはとても気を使います。
どの小児科のドクターもそうでしょうが、
赤ちゃんなどまだ言葉を発することのできない子供が患者の場合には、
その症状、顔色、体温、便などから疾患を見抜かなければなりません。

大人でしたから、「胃が痛い」「胸が痛い」と痛みの部位を教えてくれますし、
その痛みも「ズキズキ痛い」「チクチク痛い」などとその痛みを現わしてくれます。

医師はその痛みの具合によっても疾患の判断ができるのですが、
言葉を言えない子供の場合はそれができないので、患者を診る時には毎度の事ですが、
慎重にならざるを得ません。

投薬する薬剤もその子供の体重に合わせた量を投薬しなければならない、
当然の事ですが、子供は体重が少ないですので、1g単位で調整をしなければならないので、
こちらも当然気を使っています。

そんな慎重な診察の中で、この京都の言葉を借りていうなら「ほっこり」する時は、
付き添いのご両親が京都弁で話されている時などには、ほっこりとした気分になります。

いいところ

京都弁というのは不思議な魅力があるのです。
これは大人だけではなく、まだ小さな子供もご両親と同じように京都弁で話しているのを耳にすると、
やはりここは「京都」だ、と感じずにはいられません。

これは当然なんすが、やはり私のような他県から来た者にとっては、
子供も京都弁を話しているというのは「ほっこり」とする瞬間です。

「ほっこり」といえば、病院食にも「ほっこり」をしています。
今、評判の「おばんさい」って言うんですか、
ああいった何でもないような料理が病院のメニューにもでるんですが、
決して濃い味付けではないのに、しっかりとダシの味がきいているので、
定番のカレーやハンバーグといったものより、
こういったお惣菜のようなメニューが美味しいのが京都の良い所かと思っています。

看護士さんが自分で漬けたという漬物を昼食の時に出してくれるんですが、
これまた絶品で、京都の人は誰でも漬物を漬ける事ができるかと不思議に思うくらいです。

Posted in 日々の徒然

下京区在住・小児科勤務~日常の日記~

小児科について

私は下京区在住・小児科勤務をしている小児科医です。
これから日常のどうでもいいようなことについて綴っていきたいと思います。
小児科医はあまり人気の無い医者だと言われています。

なぜなら小児科はまず医者の数がそもそも少ないのです。
ですから、当然この下京区に住んでいる子どもたちが病気になってしまうと
どうしても私の病院に集中してしまいます。

しかも、夜もうかうか眠れません。
子どもの病気は突発的なものが多く夜中に突然発病することもあるのです。

ですから、そのような子どもたちがいつ病院に来てもいいように
私は必ず夜はお酒を飲まないようにしています。

そして当然のことながらその病院のすぐ近くに住んでいます。
確かにしんどいことは多いですし、ものすごく忙しいです。

けっこうつらい思いもしてきましたし、辞めたいと思うこともありました。
しかし、私は決してやめようとはしませんでした。
なぜなら私はこの下京区が大好きなのです。

この町に住んでいる子どもたちが大好きなのです。
ですから私はどんなにつらくてもこの町で一生懸命小児科医を続けていくつもりです。
この前患者さんとして来てくれた女の子がいました。

ある日のこと

その子とこんな会話をしました。

女の子「先生、先生はどうしてそんなにいろんなことを知っているの。

私の病気も治してもらったし、まるで魔法使いみたい。」

私「あははは。そうかい。魔法使いとはうれしいな。でも私は魔法使いではないんだよ。
君たちが大好きだから君たちの健康を守るために一生懸命勉強してみんなを治す方法を身につけたのさ」

女の子「ふーん。じゃあ先生って頑張り屋さんなんだね。ねえ、先生はいつまでこの町にいてくれるの?」

私「いつまでって?いやあ、私はずっとこの町で頑張るよ。だって私は下京区が大好きだからね。」

女の子「ほんとうに?うれしい、私も大好きなの。じゃあ先生ずっとこの町にいてくれるんだね。約束だよ」

私「ああ、約束だ。私は絶対にこの町を離れないよ」

女の子「じゃあ、指きりゲンマンしよ」

私「ああ、オーケーだ。指きりゲンマン、ウソついたらハリセンボンのーます」

女の子「じゃあ、先生。将来私をお嫁さんにもらってくれる?」

私「はははは。お嫁さんかあ。

私はうれしいけど君がお嫁さんになれる年頃には僕はもうおじいちゃんだよ。」

女の子「それでもいいもん!私は先生と結婚するもん」

私「はは。わかった、わかった。じゃあ大人になったら結婚しよう、約束だ」

女の子「わーい、わーい」

こんなやりとりを毎日しているのです。
やっぱり子どもはかわいいですよ。

なんかお話をしていると私まで童心にかえることができますし。
こんな子どもたちを守ることが今の私の生きがいなのです。

ですから、どんなに小児科医が人気がなかろうと激務であろうと私は絶対に辞めないのです。
それがこの町の子どもたちとの約束だからです。
私はくじけそうなときは大好きな子どもたちのことを思い出して頑張っています。

Posted in 日々の徒然

歴史巡り。

史跡巡り

久しぶりの1日オフを使って、自宅のある下京区の史跡巡りをしてみました。
ドラマで平清盛をやっていているので、
時間があるときには見ていますが、区の広報誌で、下京区には、
源平のゆかりの場所が多くあると紹介されていたからです。

住んでいるのに、そんな史跡があるのは知らなかったので、
散策のモデルコースを参考に行ってみることにしました。

というのも、先日、僕のところに来た男の子の患者さんが、診察中もずっと、
歴史漫画の本を手から離さなかったので、歴史が好きなんだなぁ~と思って、
歴史の話題で緊張と不安をほぐして、無事に治療を終えたんですよね。

でも、実のところ、彼の方が歴史がずっと詳しいみたいで、タジタジだったんです。
僕は理系の人間ですから、学生時代は、歴史などの暗記ものはてんで苦手でした。
だから、ほとんど記憶にないのです。

しかし、大人になって考えてみると、歴史は人の名前や年号をただ暗記するのではなくて、
ストーリーとして覚えれば楽しいし、分かりやすくなるんだろうと気づきました。

ふとした楽しみ

当時の僕にとってはテスト対策でしかなかったから、
歴史の面白さを知らないまま過ごしてしまったようです。

僕も、小児科に訪れた男の子みたいに、
歴史漫画とか読んでいたら良かったな、なんて反省しました。

とはいえ、当時の僕は、ファーブル昆虫日記とか、人体の仕組みとか、
やはり、今の仕事に通じるような生物、科学系の本が好きだったので、
その点は、ちゃんと今の仕事に役立ってると、自分を褒めてあげたいです。

話がそれましたが、下京区おすすめの源氏・平家ゆかりの地めぐりコースの内容は、こんな感じでした。
水薬師寺、勝明禅寺は、平清盛が熱病にかかった時に、
寺にあった井戸水を使って熱を冷ましたといういわれのあるお寺。

井戸水が瞬時にお湯に代わったなんて話まであるそうです。
歴史って、どうして、こう、おとぎ話の世界なんでしょう。
どうしても、僕は、科学的論理的に解明しようとしてしまうので、
そこが、歴史を紐解くうえで、つまらなくする僕の悪い癖ですね。

駒止地蔵は平清盛が馬を走らせていたとき、馬がどうしても動かなくなり、いったいどうしたんだ、
と馬が留まる場所を掘り起こしたところ、お地蔵さんが出てきたという由来のあるものです。
蓮光寺内にたたずんでいます。
五条天神社は、牛若丸と弁慶が初めて出会った場所だそうです。
五条大橋近くには、牛若丸と弁慶の像もあって、思わず、写メを撮りました。
なんだか、牛若丸と弁慶は、物語チックにもかかわらず、親近感が持てます。

他にもいくつか見ましたが、その寺社や建物とゆかりのある歴史の登場人物たちが、
僕には、どういう人だったか、よく分からなくて、困りました。
この日記に書いたお寺は、ひとまず、僕が名前を聞いたことがある
歴史上の人物とかかわりがある史跡ばかりです。

久しぶりの散歩でほどよく疲れたので、
最近新しくできた、抹茶カフェに立ち寄って帰りました。
甘党の僕は、抹茶と小豆のパンケーキと、抹茶のアイスティーを頼みました。

すっきりした甘さで美味しかったです。
今度、またあの男の子が不安気にやってきたら、
源氏と平家の史跡めぐりについて教えてあげようと思います。